裁判員制度とは

裁判員制度なんていらない!


裁判員制度なんていらない!



「たかじんのそこまで言って委員会」という番組で、裁判員制度の必要性についての討論がありました。

元裁判官で弁護士の井上薫氏が、「裁判員制度はいらない!」と訴えていました。

同感です。

裁判員制度が始まって5年で6,500件。49,000人が参加したそうです。

多くの問題点が出ています。


1 法律に基づく裁判ができない

参加する人は一般市民で、抜き打ち的に選ばれます。

法律についての知識がない素人が、無期懲役や死刑などの判決を下さないといけないことは、法の下の平等に違反するというのです。

2 トラウマを与える。

死体の写真や、怖い状況の説明など心理的な負担が大きく、急性ストレス障害に陥った人もいます。

3 誰が決めたかわからない。

死刑判決が出た場合、裁判官は記名するようですが、裁判員は名前が残されないそうです。


裁判員裁判は,一審のみで行われます。

控訴した場合,裁判官のみで構成される裁判所で審理されます。

裁判員が加わった第一審の判決を,二審以降、裁判官だけで覆すとなった場合、裁判員制度は無意味になります。


saiban.jpg

アンケートでも、参加したくない、あまり参加したくない、が、85%だそうです。

やりたくない人に裁判員をさせても、うまくいくわけがありません。

そもそも、国民の要望で始まった制度ではないので、世論が高まるまで廃止してもいいと思います。




裁判員制度とは

裁判員制度 施行から5年


裁判員制度 施行から5年


すっかり定着した感のある裁判員制度ですが、施行から5年経って、多くの問題を抱えています。

私自身、もともと裁判員示度に反対していて、発足当時から反対の立場は変わっていません。

統計を見てみますと、裁判員と補充裁判員を務めた市民は5年間で計4万9434人。

候補者になったものの辞退した人の割合(辞退率)は、裁判員制度3年目の2011年以降、3年連続で上昇している。

裁判員制度

2013年は63・3%と、半数以上の方が辞退しているそうです。

これだけの辞退者があるということは、この制度に反対する人もかなりな割合でいると思われます。

現実、裁判員を経験した人でも、心身的に不安定になって養生している人もいます。

私の意見は、裁判員制度は、ランダムに候補者を選定してもいいので、辞退の理由を制限しないようにすればいいと思うのです。

候補者になっても、やりたくない、というだけで辞退できるようにすればいいと思うのです。

会社を辞める時の辞表も、「一身上の都合で・・・」と、理由を書く必要がないように。




裁判員制度とは

裁判員交代


 先日、「裁判員に選ばれた女性が審議のための映像を見ているときに気分が悪くなり、その後別な女性に交代することになった」、と報じられました。

 殺人事件で、なまめかしい被害者の写真とかを見ることのなって、具合が悪くなったという。男性でもありうることと思います。

 裁判員制度が施行されて半年以上たちますが、全国でいろんな問題が報告されています。もちろんある程度は予想の範囲内ではあったでしょうし、改善をしながら進めていかなければならないことも承知のことでしょう。

 選出された裁判員が気分が悪くなって交代、というようなことは自然なことと思いますが、これから先、悪意を持った人がかかわってこなければいいと願っています。

裁判員制度とは

裁判員制度スタートしました

いよいよ裁判員制度スタートしました。

先日、娘のスポーツを通じた親のバーベキューがあり、参加しました。

話題が裁判員制度のことになりました。私は当然反対の立場で話をしました。

ところが、意外と賛成派が多かったのです。

なぜ反対なのか、と問いかけられ、守秘義務云々はコミュニケーションを

悪くすることなど意見を言いました。賛成の意見の人たちは、今の裁判官には

世間の常識で判断する能力がないので、一般の人たちも裁判の中に入っていく必要がある、と。

だったら裁判官も民間の仕事を体験させたらどうか、

こちらもブログにも書いているので私の意見を見てくれ!

などと意見の応酬。

結局結論は出ませんでしたが、賛成する人が多いのに少々驚きました。20名ほどの参加者に

裁判員後者になった人?と問いかける場面もありましたが、当然のことながら挙手する人は

いませんでした。

候補者が裁判員に選ばれなかったら守秘義務がなくなる、ということもおかしな法律だと

私は思うのですが・・・

裁判員制度とは

裁判員候補者に選ばれたら

黒猫のつぶやき さんのブログサイト http://blog.goo.ne.jp/9605-sakを見せてもらいました。

「裁判員候補者に選ばれたら」の記事がとても参考になりました。

国会では失業者対策や生活給付金などの問題で議論していますが、国民そっちのけで、議員自らの身を守ろうとしているしか思えません。

また、日本の行く末をアメリカの新大統領オバマ氏に委ねようとしている気さえする日本の国会議員たちにはあきれるばかりです。

北朝鮮の拉致問題にしても、アメリカがどう思っているかを聞き出したい、などととんでもない他力本願がまかり通っていることすらおかしいと思いませんか?

裁判員制度もそんな政治家たちが数年前に決めた法律ですが、欧米諸国の圧力がかかっていたとも言われています。

黒猫のつぶやきさんは、私みたいな過激な文言はありませんが、裁判員制度について、落ち着いた大人の文章でわかりやすく説明してくれています。

特に、辞退したい人のための正当な理由、認められるであろう理由などに、救われた気分になりました。

ぜひアクセスしてみてください。
「裁判員候補者に選ばれたら」
http://blog.goo.ne.jp/9605-ak/e/5d767c1670122f68b83043157a1812de
自由な社会で、自由を束縛する法律に私は反対しています。

裁判員制度とは

悪用?されかねない裁判員制度


裁判員制度が候補に選ばれたら、事情がない限り辞退できない、

というおかしな法律は、戦争の召集令状となんら変わらないものです。

さて、この裁判員制度、悪用されないのかな、と思ったりします。

一般から6人、本職が3人、多数決となると、本職の裁判官が有罪としても、一般の裁判員が覆すことができるわけです。

ということは、一般の裁判員のひとりが、たまたま被告人を知っていた場合、ほかの5人に働きかけて、無罪に投票してもらったりすることはないだろうか?ということです。

もちろん法律上では、裁判員をしていること自体外部には知らされないようになっていますが、会社の上司はOKというのでは、筒抜けも同然です。

何らかの形で、被告人の親戚が、一般の裁判員のひとりに「無罪にしてくれたら○○円やる。」などと働きかけがあったとき、どうなるかと言うことです。

報酬の話がなくても、何らかのお世話になったことがあったりすると、むげに断ることができないような気もします。

判決は傍聴人もいる中で行われるわけですので、働きかけた人が傍聴することだってあるわけです。離れているとはいえ、向かい合って座っているので、目が合ったりするとドキドキです。

どの裁判を担当するかは、事前に知人とかがわかっている場合には辞退できるかもしれませんが、まったくの他人であっても、芋づる式に裁判員を探し出す人だっていると思います。

その裁判員は日常の生活を送るわけですから、自宅に来て頼みごとでもされたらたいへんです。


この裁判員制度、いろんな問題点が出てきて、廃案になるのが見えているような気さえしています。

裁判員制度とは

裁判員制度がスタート

裁判員制度

いよいよ裁判員制度がはじまります。
はっきり言って、おかしな制度が法制化されたものだと思っています。
まず最初に裁判所の言い訳を聞きたいと思います。
最高裁判所HPより 原文)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

裁判員制度の紹介

 平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が,成立し,平成21年5月21日から裁判員制度が実施されます。

裁判員制度とは,国民のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい,被告人が有罪かどうか,有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらう制度です。

 国民のみなさんが刑事裁判に参加することにより,裁判が身近で分かりやすいものとなり,司法に対する国民のみなさんの信頼の向上につながることが期待されています。国民が裁判に参加する制度は,アメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア等でも行われています。



裁判員制度の対象となる事件は,代表的なものをあげると,次のようなものがあります。

人を殺した場合(殺人)

強盗が,人にけがをさせ,あるいは,死亡させてしまった場合(強盗致死傷)

人にけがをさせ,死亡させてしまった場合(傷害致死)

泥酔した状態で,自動車を運転して人をひき,死亡させてしまった場合(危険運転致死)

人の住む家に放火した場合(現住建造物等放火)

身の代金を取る目的で,人を誘拐した場合(身の代金目的誘拐)

子供に食事を与えず,放置したため死亡してしまった場合(保護責任者遺棄致死)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このことからいえることは、この法律は4年以上に決まっていたということです。それが、最近通知書が届くという段階になって、騒ぎ出したということです。


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。