裁判員制度に反対です > 裁判員制度とは > 裁判員制度なんていらない!

裁判員制度とは

裁判員制度なんていらない!


裁判員制度なんていらない!



「たかじんのそこまで言って委員会」という番組で、裁判員制度の必要性についての討論がありました。

元裁判官で弁護士の井上薫氏が、「裁判員制度はいらない!」と訴えていました。

同感です。

裁判員制度が始まって5年で6,500件。49,000人が参加したそうです。

多くの問題点が出ています。


1 法律に基づく裁判ができない

参加する人は一般市民で、抜き打ち的に選ばれます。

法律についての知識がない素人が、無期懲役や死刑などの判決を下さないといけないことは、法の下の平等に違反するというのです。

2 トラウマを与える。

死体の写真や、怖い状況の説明など心理的な負担が大きく、急性ストレス障害に陥った人もいます。

3 誰が決めたかわからない。

死刑判決が出た場合、裁判官は記名するようですが、裁判員は名前が残されないそうです。


裁判員裁判は,一審のみで行われます。

控訴した場合,裁判官のみで構成される裁判所で審理されます。

裁判員が加わった第一審の判決を,二審以降、裁判官だけで覆すとなった場合、裁判員制度は無意味になります。


saiban.jpg

アンケートでも、参加したくない、あまり参加したくない、が、85%だそうです。

やりたくない人に裁判員をさせても、うまくいくわけがありません。

そもそも、国民の要望で始まった制度ではないので、世論が高まるまで廃止してもいいと思います。




<<裁判員制度 施行から5年 | 裁判員制度に反対ですトップへ


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。