裁判員制度に反対です > 裁判員制度のここが問題 > 裁判員制度の問題点

裁判員制度のここが問題

裁判員制度の問題点


裁判員制度の問題点

そもそもこの法律に国民のどの程度の人が理解して賛成しているのでしょうか?平成16年5月にこの法律が成立したということですが、裁判員候補者に通知がなされるこの時点まで、なぜ反対運動が盛り上がらなかったのでしょうか?

誰がこの制度を導入しようと考えたのでしょうか?小泉内閣の時に成立したことになりますが、その当時の国会議員は本当にこれがいいと思ったのでしょうか?国益を優先に、といつも言っていますが、このことが国益につながるのでしょうか?

反対している著名人が活動をしておられますが、国民に真意を問うて反対が過半数になったら、法律改正できないのでしょうか?

小泉元総理の遺産は、相続放棄したいものだらけです。今後の日本の行く末を案じます。

<<被告人から報復? | 裁判員制度に反対ですトップへ | 難しい判断>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。