裁判員制度に反対です > 裁判員制度とは > 裁判員制度がスタート

裁判員制度とは

裁判員制度がスタート

裁判員制度

いよいよ裁判員制度がはじまります。
はっきり言って、おかしな制度が法制化されたものだと思っています。
まず最初に裁判所の言い訳を聞きたいと思います。
最高裁判所HPより 原文)

----------------------------------------------------------------------------------------------------------

裁判員制度の紹介

 平成16年5月21日「裁判員の参加する刑事裁判に関する法律」が,成立し,平成21年5月21日から裁判員制度が実施されます。

裁判員制度とは,国民のみなさんに裁判員として刑事裁判に参加してもらい,被告人が有罪かどうか,有罪の場合どのような刑にするかを裁判官と一緒に決めてもらう制度です。

 国民のみなさんが刑事裁判に参加することにより,裁判が身近で分かりやすいものとなり,司法に対する国民のみなさんの信頼の向上につながることが期待されています。国民が裁判に参加する制度は,アメリカ,イギリス,フランス,ドイツ,イタリア等でも行われています。



裁判員制度の対象となる事件は,代表的なものをあげると,次のようなものがあります。

人を殺した場合(殺人)

強盗が,人にけがをさせ,あるいは,死亡させてしまった場合(強盗致死傷)

人にけがをさせ,死亡させてしまった場合(傷害致死)

泥酔した状態で,自動車を運転して人をひき,死亡させてしまった場合(危険運転致死)

人の住む家に放火した場合(現住建造物等放火)

身の代金を取る目的で,人を誘拐した場合(身の代金目的誘拐)

子供に食事を与えず,放置したため死亡してしまった場合(保護責任者遺棄致死)


----------------------------------------------------------------------------------------------------------------

このことからいえることは、この法律は4年以上に決まっていたということです。それが、最近通知書が届くという段階になって、騒ぎ出したということです。

裁判員制度に反対ですトップへ | 裁判員候補者通知書発送>>

この記事へのコメント

コメントを書く

お名前
メールアドレス
URL
コメント
認証コード
[必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

トラックバック

この記事へのトラックバックURL

この記事へのトラックバック


Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。